歯磨きをおろそかにしただけなのに…

>

歯周病対策あなたはできてる?

歯周病とは

では歯周病とは何でしょう。
簡潔に言ってしまうと、歯を支えている歯茎や骨が破壊されていく病気です。
私たちは普段歯茎の内側を見ることはできないですが、歯の骨と根っこの表面にあるセメント質の間に繊維がつながっており、その繊維のおかげで歯が骨から抜けないようしっかりと止めてくれているのです。
虫歯は歯という単体が壊されていく病気ですが、歯周病は周辺組織が破壊されてしまい最終的には歯が抜けてしまう病気なのです。
日本のデータだと40歳以上のやく80パーセントが歯周病に悩まされています。
虫歯と同様ですが、歯周病も生活習慣がかなり深く関係しています。
原因はやはり口腔内の細菌にあります。
歯茎などの溝や奥の方のケアが不十分だと細菌の増殖により歯周病になります。
虫歯同様、丁寧かつ食事おきの航空ケアが必須になってきます。

歯周病の種類?

みなさんご存知かもしれませんが、歯周病には種類があります。
「歯肉炎」と「歯周炎」です。
歯肉炎とは歯茎の炎症だけでとどまった状態です。
歯周炎は上記プラス骨まで溶けてしまう状態です。
経過としては最初歯肉炎が起こり、それ状態を放置プレイしていると歯周炎に進化します。
なった人しかわかりませんが、エックス線で歯肉炎と歯周炎をみたらきっとゾッとするでしょう。
口の中を見ただけでは歯周炎なのか歯肉炎なのか区別がつかないので注意が必要です。
歯周病の怖いところは進行がゆるやかなところです。
大人が歯を失うトップの原因がこの歯周病です。
よくテレビでみる「歯槽膿漏」は歯周病の最終形態といってもいいでしょう。
歯周病が軽視されるのは初期段階では痛みがなく、自覚症状がでなく、ゆるやかに進行するからです。歯周病に気がついた時には症状がかなり重たい場合が多いので、別名「サイレント・ディジーズ」(静かな病気)といわれています。


この記事をシェアする